会社概要

会社概要

社 名 徳機工事株式会社
面 積 ●本社・工場
敷地面積:16,200㎡(4,909坪)/工場面積:1,760㎡(533坪)/移動式建屋:450㎡(136坪)/事務所:320㎡(=96坪)
●徳山事業所
敷地面積:3,000㎡(909坪)/事務所及び工場:1,300㎡(394坪)
●光事業所
敷地面積:368㎡(172坪)/事務所及び工場:245㎡(74坪)
●南陽事業所
敷地面積:330㎡(100坪)/事務所及び工場:170㎡(52坪)
●下松工場
敷地面積:3,000㎡(909坪)/事務所及び工場:600㎡(182坪)
設 立 1973年(昭和48年)6月
役員構成 代表取締役社長:岡田哲矢
専務取締役:岡田貴徳
常務取締役:野間尚
取締役:財間一成
取締役:岡田員幸
資本金 20,000,000円
従業員 事務員:9名 技術員:50名 仕上工:10名 設計士:20名

常駐作業員:300名 臨時作業員:300名

建設業の許可証 山口県知事許可(般-2)第4121号(令和2年5月12日)
管工事業・鋼構造物工事業
機械器具設置工事業・とび土工工事業
営業種目 1)プラント配管、サニタリー配管、重量機械、機器据付及びメンテナンス工事
緊急対応工事(漏れ補修、蒸気他)
2)タンク製作据付及び補修、改造工事
3)製缶、重軽量鉄骨製作据付
4)バルブ補修、モーター、ポンプ メンテナンス工事
5)ボイラー、分解炉、加熱炉製作据付並びにメンテナンス工事
6)現場焼鈍及び溶体化処理工事
7)ジェット洗浄工事
8)設計
9)塗装工事
10)コーティング工事
弊社の特長 1)ボイラー、分解炉、加熱炉本体据付、メンテナンス工事及び
*高圧の特殊配管工事の施工
2)各種大型、特殊機器の据付を施工
3)既設大型タンク(100KL~70,000KL)のジャッキアップ工法による
*全面底板取替及び補修工事
4)現地組タンクの設計、製作、据付、配管工事を一括施工
5)徳機グループとしての設計、工場製作、現地工事及びメンテナンス工事
*施工の一貫体制の確立
6)機器、タンク、ダクト等の内面防蝕コーティング施工及び材料販売
7)医薬、食品関係他のサニタリー配管の設計、製作、現地工事の施工
主要取引銀行 山口銀行 徳山支店/三菱銀行 徳山支店/商工中金 徳山支店
主な受注先
(順不同)
東ソー株式会社/出光興産株式会社/出光エンジニアリング株式会社/株式会社出光プランテック徳山

武田薬品工業株式会社/協和発酵バイオ株式会社/協和キリン株式会社/西部石油株式会社/日本製紙株式会社

日揮株式会社/テックプロジェクトサービス株式会社/日立笠戸エンジニアリング株式会社

 

沿 革

昭和48年6月 徳山機械(株)(現在・徳機(株)に社名変更) 工事部を分離独立。
徳山機械グループとして工事専門の新会社 徳機工事(株)を設立する。
昭和50年1月 山口県新南陽市(現在・周南市)鉄工団地内に新南陽工場を完成
昭和50年11月 新南陽工場完成により資本金20,000,000円に増資する
昭和58年4月 新南陽工場に本社を移転する
平成2年5月 下松工場 完成
平成3年7月 徳山事業所 移転
平成4年5月 本社事務所 増設
平成5年9月 移動式建て屋 No.2 設置
平成7年3月 配管溶接作業ロボット導入
平成8年3月 サニタリー事業部新設
平成11年3月 南陽事業所 新設

 

所有資格

電気溶接士(N-2P) 15名
電気溶接士(C種1級) 15名
電気溶接士(G種1級) 15名
電気溶接士(F種1級) 15名
電気溶接士(B種1級) 2名
電気溶接士(E種1級) 26名
電気溶接士(特別ボイラー) 3名
電気溶接士(普通ボイラー) 5名
半自動溶接技術証明証 8名
玉掛技能講習 120名
足場の組立等作業主任者技能講習 85名
酸素欠乏危険作業主任者技能講習 90名
特定化学物質等作業主任者技能講習 42名
ガス溶接作業主任者 8名
ガス溶接技能講習 180名
ボイラー整備士免許証 45名
ボイラー据付工事作業主任者 10名
第1種、第2種消防設備士 6名
衛生管理者免許証 6名
乙種、4類危険物取扱責任者 20名
クレーン運転士免許証(移動式クレーン) 8名
フォークリフト運転士免許証 20名
防火管理者 3名
鉄骨組立等作業主任者技能講習修了証 20名
溶接技術者資格認定証 22名
有機溶剤作業主任者 65名
鉛作業主任者技能講習修了証 5名
非破壊検査技術者 3名

特別教育及び講習修了証

研削といし特別教育 220名
職長・安責者教育 98名
酸素欠乏等危険作業特別教育 280名
統括安全衛生責任者講習 6名
アーク溶接特別教育 105名
クレーン特別教育 24名
粉じん作業特別教育 17名
フルハーネス特別教育 30名
低圧電気特別教育 35名

 

^